経費削減は経営者の経営に対する責任感から、経費削減策を練り、
利益を向上させ経営状態をよくするという考えから初めて検討されるようになります。

さらに、そこに社員の協力があって初めて経費削減が実現します。

決して経営者のみが考えるものではなく、
全社一丸となって、経費削減について検討する必要があります。

経営者だけが経費削減を考えても、社員が実行しなければ、意味がありません。

社員が経費削減について意識を持つようにするためには、
経営者が経費削減を考えるのではなく、社員が考えるようにしなければいけません。

社員のモチベーションを上げなければ、いい結果はでないのです。

実際に経費削減について自身で考えれば、経費削減に対する意欲も湧き、
多少の不利益は我慢する考えにもなります。

経営削減の実行を担保するのは何よりも社員の意欲です。

経費削減を行うには、まず社員に経費削減について考えを持ち、
自ら検討し、常に高い意識を持たせる必要があるでしょう。

経費削減を実施する際に行うことは、まず会社と社員が気持ちを一つにし、
会社は社員を大事にし、
社員が会社のことを思うようになる環境をつくることが経費削減の第一歩です。